Maresfield イギリスの飯、別にマズくないよ

お金をかけずにタイムラプス動画を作る

先日初めてタイムラプスを撮った。

Timelapse - the isle of sark from Michi Inoue on Vimeo.

AfterEffectsは持ってないしNukeNCはサイズ制限がある、Fusionはフリー版でUHDまでいけるようだがこれの為だけに覚えるのは億劫。結局いろいろ楽な方法を模索した結果、以下のような方法に落ち着いた。

  1. 現像ソフトでバッチ処理
  2. ffmpegで連番画像を動画に変換

現像ソフトでバッチ処理

連番画像の一つを選び好みの補正、トリミングをした後にその修正データを他の連番画像にコピペ。 自分はキャノンのDigital Photo Proffesional 4を使ったがレシピと呼ばれる修正データを他の画像にコピペした後に一括で書き出しを行なった。この手の処理はほとんどの現像ソフトに備わっているはずなのでソフトはなんでも良いはず。

ffmpegで動画に

動画に変換するにはffmpegを使った。 ffmpegやimageMagicがあれば動画や画像に対して大抵のことはできるので本当に便利。 インストールするには、MacであればHomebrewで、Linuxであれば各ディストリビューションのパッケージマネージャからインストールできるはず。Windowsはわからないが、まぁたぶん使えるだろう。 あとは連番画像のあるディレクトリからコマンドを実行すれば完成。

ffmpeg -i timeLapse_%04d.JPG -r 25 -vcodec prores -profile 3 output.mov

-i でファイル名を指定。例えばファイル名がtimeLapse_0001.JPGとなっている連番画像であればtimeLapse_%04d.JPGと指定してやる。

ProresではなくQuicktime Animationであれば

ffmpeg -i timeLapse_%04d.JPG -r 25 -vcodec qtrle output.mov

とする。

-sオプションでサイズも指定できるようだが、今回はバッチ処理の段階でリサイズをしているのでffmpeg側では使わなかった。

参考

https://video.stackexchange.com/questions/5577/command-line-tool-for-converting-image-sequence-to-quicktime-mov-video

https://forums.creativecow.net/thread/291/691